昨日、クラウドワークスの商品登録の案件に応募したのですが、
今日返事が帰ってきました。(早い)

 

それにしてもいきなり

 

「○○○のお仕事はどのようなことをされていましたか?」
「どうして辞めたのでしょうか?」

 

と挨拶なしでの返事に『むむ?』と思いましたが、

 

「○○○では商品登録をしていました。
アカウントが停止になり、作業が行えなくなってしまったので
辞めてしまうことになりました。」

 

そしたら申し訳ございませんメールがきました。

 

じつは、○○○のお仕事は
一旦アカウント停止になってしまうと、
他の方の商品登録を請け負うことができないのです!!

(↑サイト名は伏せましたが、分かる人には分かる内容。)

 

応募する前に質問しなかった私も悪いですが、

 

どこの商品登録か明確にしようよ!!
しかもアカウント停止の人ダメならそれ書かないと(;´д`)

 

結構メジャーなサイトで、アカウントについてはかなり手厳しく、
停止食らってる人結構いそうだし…。
(この商品登録の案件を出しているクライアントの方々は
アカウント停止についての注意事項を大抵書いています。)

 

このお仕事募集しているクライアント様度々見かけるし、
報酬単価が高めなので、お仕事できないのが本当に悔しいです。

 

応募案件の文章表現見て、感じ良さそうな人だったのになぁ。

しかし今回の件で、勉強になりました。

 

何のお仕事か明確に記載してない場合は、
応募前に質問しようということです!(`・ω・´)うむ

 
報酬も気になるところですが、1番は自分ができるのかが重要です。
特に長期で取り組むなら尚更です。

とにかく気になった点は、些細なことでも質問をしてみましょう。

 

そういえば、クラウドワークス登録情報の
住所変更をした際に、本人確認も無効になってしまったので
再度本人確認の書類を提出しました。
 
確か一昨日に出して、本日書類が承認されていました。良かった(ホッ)
 

顔の見えないお仕事。
信用性が大事なので、提出していた方がいいと思います。

密かにチェックされてたりするので(´ー`)b