実際にイラストを販売している人はどのような画材を使用しているのか、
私が使用しているものを例に挙げて説明していきます。

 

 

   シャープペン+芯
014

 

 

Photo_17-05-06-16-21-32.460


三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.5
M5807GG1PG.11 グロッシーパープル


パイロット フレフレコロネ 0.3mm ドット&バイオレット


トンボ鉛筆 シャープ芯 MONO WX 0.5 B ECE-120

普通のシャープペンで問題ありません。
自分が描きやすいと思ったものをお使いください。
本番用紙に直書きの場合は、
芯は柔らかいBか2Bあたりがおすすめです。
(紙を傷めないようにするため)

 

 

      消しゴム
014

 

 

Photo_17-05-06-16-21-34.353

 

消えやすいもの、紙が黒くならないものをお使いください。
細かいところの作業にはノック式タイプのものがおすすめ。
太いのと細いの2種類あると便利かも。
消しゴム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      用紙
014

 

 

サイズはB5やA4が多いです。
色紙やスケッチブック、
イラストボードに描かれている方が多いです。
使う画材に合わせて色々試してみて、
着色する道具との相性の良いものを選びましょう。

【色紙】
100均一の色紙しか使ったことないのですが、
これで十分かなと思います。

たまに毛羽立ってしまうものがありますが、
消した時に用紙の素材が傷んだり、
ペン入れや着色時に滲むのでやめた方が無難です。

 

【スケッチブック】

マルマン F3 スケッチブック アートスパイラル 24枚 厚口画用紙 ブラック S313-05

【イラストボード】

ミューズ コミックケントボード A4
 

 

 ミリペン、つけペン&インク
014

 

 

着色時に滲まないように耐水性のペンやインクを使います。

ミリペンは太さが様々あります。

個人差がありますが、0.3と0.5mmが主流です。

 

 

 

 

 

 

 

      ホワイト
014

 

 

瞳や髪の輝き、光っている所などに使用します。

液タイプやペンタイプがあります。

 

     カラーペン
014

 

扱いやすいペンとして、アルコールマーカーが好まれています。
水彩絵具で描かれている方も多いです。

1.コピックチャオ


単価

      

2.コピックスケッチ


単価

チャオよりも色数も多く、また単価が高いので本格的な人向けです。
チャオとの違いは、色数、本体のデザイン、価格、
そしてコピックスケッチはエアースプレ缶に装着することができます。

.ルプルーム

全144色
単価150円+税

      

2.ネオピコ

 

     トレース台
014

 

 

筆圧が強くて用紙の鉛筆の跡が気になる、下描きを消すのが面倒
という方にはトレース台がおすすめです。

コピー用紙に下描きをして、その上に本番用紙を置き、
マスキングテープで固定します。

トレース台を使用して下絵をペンでなぞると、紙を傷める心配がありません。